粗大ごみは捨てるだけではなく、リサイクルできる!

粗大ごみの処理ってどうなっているの?

処理方法が決まっている粗大ごみとは?

法律で処理方法が決まっている粗大ごみがあります。
法律は、「家電リサイクル法」で、冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビの家電4品目です。
「家電リサイクル法」を簡単に説明しますと、国民は家電製品を正しい方法で処分し、メーカーは回収した家電を再利用して家電の再商品化を目指すというものです。
しかし、業務用のものなど対象外に分類されるものもありますので、すべての家電4品目が法律上、処理できるわけではありませんので、気を付けてください。

お住まいの地域で回収しているところを知りたい場合、市のホームページに掲載されています。新しい製品に買い替える場合には、新しい製品を購入するお店で引き取ってもらえることがあります。お店に問い合わせてみてください。


粗大ごみの処理方法

家電リサイクル法に定められていない粗大ごみの方法をご紹介します。
まず、市でお願いする方法があります。

厚木市を例に説明します。
厚木市で粗大ごみの収集をお願いする場合は、環境センターにまず電話かインターネットで申し込みをします。その際に、排出するごみの品目を伝えると、ごみ処理手数料を教えてくれます。
言われた通りの申し込み券を購入し、ごみに貼って指定場所に捨てます。
他の市でも、だいたいは同じ流れとなっていますが、詳細は異なる部分もありますので、市のホームページをよく確認してください。

次は、不用品回収業者に引き取ってもらうという方法です。
この方法は、費用が高くなってしまいますが、時間をかけずに早く処分することができます。
リサイクルしようと思っても、古すぎてできないものも引き取ってくれます。
しかし、会社によって高額な回収費用が発生してしまうことがありますので、注意してください。